東京インプラントセンター院長紹介


小川 洋一  東京インプラントセンター 主宰

明海大学を1990年 卒業後、河津歯科医院(現 河津インプラント研究所) 河津寛先生(現 明海大学臨床教授)に師事、同施設に於いて診療部長 の職を経て1997年退職、同年 小川歯科医院開設。
2010年東京八重洲に移転、名称を「東京ステーション歯科クリニック」に変更
東京インプラントセンター併設。

職務時代に国際デンタルアカデミーにて研修、数々の国内外の研修に て研鑽を積む。
特に歯周病治療は、10年来、UCLA大学 ヘンリータケイ教授の直接指 導を受け、歯周形成外科をいち早く日本で実践する。
また、同大学 サーシャ・ジョバノッビッチ先生にアドバンス的なインプラン ト治療の手ほどきを受け、今後ますます進化する、歯周病治療、インプラント治療の技術の習得に努めている。
社会貢献の一環として若い歯科医師らに、歯科医療技術の指導を行っている。

DSC_4456.JPG

インプラント治療の普及

治療・講演・研修・論文

 院長 小川洋一は治療を中心とした臨床と、講演や論文発表を中心とした学術活動の2つを行っています。
 もちろん、全ての中心に治療結果をいかに高めるかといった、臨床の姿勢が重要であることに間違い有りません。臨床を丁寧に行うことが最も大切にしていることです。

 また、長期間安定した良好な治療結果を提供することが、インプラント治療の普及につながること信じて疑いません。そのため良質なインプラント治療とは何かを歯科業界内で考え、ディスカッションすることが必要と考えています。比較的早い時期からインプラント治療を導入し、現在良好な治療結果を獲得していることから、そのノウハウを歯科医師向けに公開しております。

フォーラム発表01.jpg

IMG_0366.jpg
 歯科医師を対象にした研修会では、インプラントを中心とした実習をまじた研修会の講師を任命されています。
 ベーシックコースから、アドバンスコースまで数々のコースの中で、インプラント治療の正しい普及につとめております。

 治療結果は、論文を通じて公開しておいます。
ひとつひとつ異なる症例を、
どの様な根拠を持って治療を行うのか、
そして治療に用いるテクニックはどうするのか、
その結果はどうか、
またその後の経過は良好であったか。

この様な臨床系の論文をまとめ、臨床報告を行っています。

治療内容の公開

 インプラント治療が安全に、そして確実に終了すること。そしてその結果が長期間安定して機能すること。
受診者の立場から見れば当たり前のようですが、その事を具現化するのは実は難しい事です。
このため、治療がうまく行かない、短期間でトラブルが生じてしまう等のケースが、インプラントの普及と共に年々増加傾向にあるのです。

 そんな時代だからこそ、治療結果を公開することは重要なことと考え、歯科界に広く治療技術を公開する事は、社会貢献に通じると考え積極的に行う考えです。

 上記の基礎になることは、自院での治療結果を常に確実なものとすることに他なりません。
このことが受診者の方々の利益に繋がると考えています。

100_2199.jpg

歯科学術雑誌への論文掲載

インプラント治療に関する論文を投稿

クインテッセンス、デンタルダイヤモンド、日本歯科評論、等の歯科学術雑誌に多数の論文を投稿、現在30編以上を発表しております。
下の写真は、掲載された学術誌の一部です。

img053.jpgimg054.jpgimg052.jpgimg051.jpgダイヤモンド0607号.jpeg成功するインプラント.jpegクイント別冊.jpeg歯科評論0801号.jpeg歯科評論0803号.jpeg

クリックすると拡大します。