インプラントの補償制度

インプラント治療を安心して受けていただくために

治療費の心配を解消します

インプラントが安定するまでの治療費について

インプラン補償 インプラントは日々進化し、骨との接合率は大変高いものとなっています。しかしながら、現在100%の接合率では無いことも事実です。
 そのため、当医院では手術後、骨との接合に必要とされる一定期間を経てもインプラントと骨の接合が認められなかった際には、再手術を無償で行います。
 また、再手術をご希望されなかった場合は、手術施術費を返金いたします。

ただし、重度喫煙者の場合はインプラントと骨の接合率が低下するため、十分なインフォームドコンセントの後、個別にご相談いたします。

.

インプラントが安定してからの治療費について

 インプラント治療は、治療の終了がゴールではなく、安定した状態で長く機能する事が治療のゴールです。そのため治療終了後、以下に定めた定期間の補償をいたします。
 治療終了後、当医院での検診(有償)を定期的に受診していただき、ご指導する自己メインテナンスを実践して頂くことがお約束となります。

 インプラントの被せ物に対して

  •  装着後5年間の間に、破折や脱落が生じた際には、修理や再製を無償にて行います。

インプラントの脱落に対して

  •  骨接合の確認後10年間の間に、インプラントに脱落が生じた際には、再度埋入手術費を無償にて行わせていただきます。また、再手術をご希望されなかった場合は、手術施術費を返金いたします。
ただし、以下の場合は対象外とさせていただきます。

1.事故や不注意などの外的要因による場合。
2.治療時に全く予想出来なかった口腔環境の変化が生じた場合。
3.糖尿病などのインプラントの維持安定に関係する全身疾患に罹患した場合。
4.治療計画の提案時に残存歯を含め、妥協的治療計画を選択した場合。
5.当院の指示に従わずに使用した場合。
6.定期的検診を受診しなかった場合。