歯科用CT撮影

最新医療機器による診断

歯科用CT撮影による診断について

歯科用CT

東京インプラントセンターでは歯科用CT撮影による診断を行っています


最新型の歯科用CTを完備しております。

当院設置のCTは断層スライス幅も細かく、画像解像度に優れた歯科用CTです。

口腔内をより三次元でとらえるために...



インプラント治療におけるCTでの三次元的診断は必須項目です。
三次元的診断を行う事により、安全で適切なインプラントの埋入計画を診断いたします。

当院では、インプラント治療に必要な歯科用CTを完備、迅速で的確な診断を行うことが出来ます。
撮影したデータは、インプラント専用の解析ソフトによって、埋入の三次元的なポジションを算出、手術に必要なサージカルステントと呼ばれる専用ガイドを準備し、インプラント埋入手術に望みます。

サージカルステントを用いて手術を行うこで、診断によって導いた最適な埋入ポジションに、最も少ない誤差でインプラントを埋入する事が可能です。

セカンドオピニオンのための診断も的確に行えます


最近増加傾向にある、セカンドオピニオンのケースにも、自院にCTを設置することにより、的確なアドバイスを迅速に行うことが出来るようになりました。

ページの先頭へ

CT撮影のポイント

正確な診断のために...

当医院では、インプラント治療におけるCT撮影を、診断用ステントと呼ばれる術後のシミュレーションを行った後に行います。
診断用ステントとは、正確なインプラント埋入診断に欠かせないものです。

画像診断機器の進化によって、顎骨の三次元的形態はとても正確にわかるようになりました。
しかし、顎の形がいかに正確にわかっても、正確なインプラントの埋入診断を行うことは出来ません。
CTを撮影することによって、顎骨のいかなる場所もいかなる断面もパソコンの画面で見ることが出来ます。しかし逆に、術者がどの部位をどの方向で断面を観察しなければならないかは解らないのです。

DSC_7629.JPG

DSC_7517.JPGそこで必要になってくるのが、診断用ステントです。診断用ステントにはインプラントの冠の最終外形が付与されています。さらに埋入の際に行う予定のドリルの位置と方向も付与されていいます。

この事により、実際の手術時に想定しているドリルの三次元的方向と、顎の形の相関関係を診断し、必要があればドリルの方向を修正するのです。

インプラント埋入手術のためのCTによる診断とは、顎の形を知るだけではなく、インプラントの冠の外形と骨の形の相関関係を調べ、ドリルの安全な方向を診断する事が大切なのです。

インプラント治療とCT撮影

インプラント治療におけるCT撮影の重要性は、15年以上前から学会発表等を通じ提唱して参りました。
しかし、その当時は歯科分野でのCT撮影は一般的では無く、関心の薄かった診断項目でした。

以前は、後方支援病院でもある慶応大学病院にCT撮影を依頼し、インプラント埋入のための三次元的診断を行って参りました。
大学病院ということもあり大変な混雑で、撮影するだけでも半日近く時間を拘束される事もしばしばでした。

その後、各ターミナル駅に依頼CT撮影を専門に行うスキャニングセンターが設立されるにつれ、CT撮影が身近になりました。

病院に設置されているCTはヘリカルCTと呼ばれる大変大きな機械です。
近年の歯科分野での技術革新で、コーンビームCTと呼ばれる新しい仕組みのCTが開発されました。
コーンビームCTはコンパクトに製造することが出来るため、今日急速なスピードで歯科医院に普及し始めました。

ページの先頭へ

インプラント治療を始めるに当たって

相談することから始めませんか...

 色々と心配の絶えないインプラント治療かもしれません。しかしWebで数々のサイトを見て回っても、本当の事はなかなか判るものでもありません。

 まずは来院してください.....。

 来院する事が、今ある心配事の解決の近道となることに間違いありません。
我々専門家が専門の立場から、今何が起こっているのか、そしてどうすればよいのか、このことから、正しく診査診断しします。そしてお伝えすることから始めたいと思います。

住所 ; 東京都中央区八重洲2-4-1 常和八重洲ビル地下1階   〒104-0028
TEL : 03-3231-8778
FAX ; 03-6225-2263

治療相談

ページの先頭へ